Button A to Z

アンティークボタン、ヴィンテージボタンについてのAtoZ

Home »

キーワード「ベークライト」を含む項目

Applejuice Colour

【アップルジュースカラー】

透明のベークライトが経年にともない黄色く変色したものを『アップルジュースカラー』と呼びます。ベークライトのボタンの中でも人気の高いボタンです。

関連キーワード:, ,

Bakelite

【ベークライト】

ベルギー出身の化学者レオ・ベイクランド氏が発見、1909年に特許を取得した世界初の人工プラスティックを『ベークライト(又はベイクライト)』と呼びます。ベークライトの主な合成物は、フェノールとホルムアルデヒトだったので、現在では、フェノール樹脂全般をベークライトと呼んでいます。1950年代以降、次第にボタンの素材としては使われなくなりました。

関連キーワード:,

Cookies

【クッキー】

1930年代に、主にアメリカで作られた、お菓子のクッキーをおもわせる両面同じデザインの2色使いのベークライトボタンを『クッキー』と呼びます。目をひくカラーと、アールデコの影響を受けた幾何学模様が特徴的です。

関連キーワード:, , ,

Plastic

【プラスチック】

セルロイド・カゼイン・ベークライト・ルーサイトを含む、樹脂系素材のボタンを『プラスチックボタン』と呼びます。他にも、ポリエステル・ナイロン・高密度ポリエチレン・ユリア・ポリスチレンなどが20世紀に開発されました。

関連キーワード:, , , , , ,