Button A to Z

アンティークボタン、ヴィンテージボタンについてのAtoZ

Home »

キーワード「プラスチック」を含む項目

Applejuice Colour

【アップルジュースカラー】

透明のベークライトが経年にともない黄色く変色したものを『アップルジュースカラー』と呼びます。ベークライトのボタンの中でも人気の高いボタンです。

関連キーワード:, ,

Art Deco

Art Deco

【アールデコ】

『アールデコ』とは、1925年のパリで開催されたExposition Internationale des ARTS DECORATIFS et Industriels modernesの略称です。アールデコ様式の影響を受けた分野は、建築物から生活用品までと実に幅広く、ボタンも、アールデコ特有の機能的で合理的なデザインのものが作られました。

関連キーワード:,

Artid

【アーティッド】

The British Artid Plastic Companyが戦後、1946年から一年間だけ製造したボタンが、『アーティッドボタン』です。熱硬化性のプラスティックでできており、裏にArtid Made in Englandとマークが入っています。星座やスポーツをモチーフにしたものから、オリエンタルな絵柄まで、実に幅広いデザインのものがあります。

関連キーワード:, ,

Bakelite

【ベークライト】

ベルギー出身の化学者レオ・ベイクランド氏が発見、1909年に特許を取得した世界初の人工プラスティックを『ベークライト(又はベイクライト)』と呼びます。ベークライトの主な合成物は、フェノールとホルムアルデヒトだったので、現在では、フェノール樹脂全般をベークライトと呼んでいます。1950年代以降、次第にボタンの素材としては使われなくなりました。

関連キーワード:,

Bubble Top

Bubble Top

【バブルトップ】

メタルプレート(主にスチール)に立体的なセルロイドシートを被せて作られた、中が空洞になっているタイプのセルロイドボタンを、『バブルトップ』と呼びます。中に箔を入れ、半透明のセルロイドシートを使用することで、光が反射するように作られたものもあり、こちらは、Glow Bubble Topと呼ばれています。1920-30年代に生産されたタイプのものです。

関連キーワード:,