Button A to Z

アンティークボタン、ヴィンテージボタンについてのAtoZ

Home » category 'P'

P

Painted Back

Painted Back

【ペインティッドバック】

主にガラスボタンに見られる技法で、裏面にペイントをほどこしたものを、『ペインティッド バック』と呼びます。表からみると、透明なガラスを通して見えるペイントが優しい雰囲気を放ちます。

関連キーワード:,

Paperweight

paperweight

【ペーパーウェイト】

デスク上で使用するガラス製のペーパーウェイトと同じ技法で作られたガラス製のボタンを『ペーパーウェイトボタン』と呼びます。デザインを施した層を透明のガラス層で厚く覆ったもので、金属のシャンク(脚)が付いています。

関連キーワード:,

Paris Backs

Paris Backs

【パリスバック】

裏面に”Paris”の刻印がある2ピースからなるメタルボタンを総称して『パリスバック』と呼びます。主な会社にT.W.&W.(Trelon, Weldon & Weil社)とA.P.&Cie, (Albert Parent & Company社)があります。

関連キーワード:, ,

Paste Button

Paste Button

【ペースト】

ダイヤモンドカットをほどこしたガラスパーツ(ラインストーンとも呼ぶ)をあしらったボタンを『ペーストボタン』と呼びます。ダイヤモンドのような強い光の反射を再現するために、ガラスの裏面に箔を付けたものなどがあります。

関連キーワード:,

Picture Button

Picture Button

【ピクチャーボタン】

様々な絵柄をモチーフに作られたボタンを『ピクチャーボタン』と呼びます。特に19世紀の半ば以降、メタル製のピクチャーボタンが数多く作られました。花・植物をはじめ、人・鳥・動物など、あらゆるものがテーマに作られています。

関連キーワード:,

Plastic

【プラスチック】

セルロイド・カゼイン・ベークライト・ルーサイトを含む、樹脂系素材のボタンを『プラスチックボタン』と呼びます。他にも、ポリエステル・ナイロン・高密度ポリエチレン・ユリア・ポリスチレンなどが20世紀に開発されました。

関連キーワード:, , , , , ,

Pottery

Pottery

【ポッタリー】

陶器で作られたボタンを『ポッタリーボタン』と呼びます。イギリスでは、ウェッジウッド社をはじめ、さまざまな製陶工場でボタンが作られていました。

関連キーワード:, ,

Pressed Glass

Pressed Glass

【プレスガラス】

さまざまなガラス工芸の技術を用いて生産されてきたガラスボタンですが、最も多いのが押し型ガラス『プレスガラス』でした。彫刻を施した金型に原料を流して制作します。

関連キーワード:,